保育方針

  • 自律できる子どもを育みます

子どもの個性や発達に合った保育を通して、自ら伸びようとする力を大切にします。同時に集団生活を通して他者を感じ取り、他者への思いやりを気付かせる環境を設定する保育を目指します。

  • 子どもの素直な好奇心を温かく受容します

子ども自身の発達段階に合わせ、個性や可能性を大切にしながらその能力を伸ばし、豊かな感性を育める環境を作ります。

  • ご家庭の最大の支援者となります

ご家庭にとって子どもは宝であり、生き甲斐であることを理解した上で、ご家庭との関係を密にし、園との相互理解を深め、共に子どもを育む“共育”環境を創出します。

最新記事